「キラキラっとアートプロジェクト」とは?



「キラキラっとアートプロジェクト」は、三菱地所株式会社が障がいのある子どもたちの可能性の応援を目的に2002年より開催してきた「キラキラっとアートコンクール」と、東京藝術大学美術学部による「美術と教育 全国リサーチプロジェクト」との連携企画です。
このプロジェクトでは、「キラキラっとアートコンクール」に継続して応募いただいている一部の学校にご協力いただき、実際の授業風景や制作過程を取材・リサーチしました。 展覧会ではその現場の様子を動画やテキスト、写真、実作品などでお伝えします。


▶︎ キラキラっとアートコンクール


過去のプロジェクト動画





宮崎県立都城さくら聴覚支援学校
『夏の名残−季節を体で感じ、表現しよう−』
【授業概要】
「夏」をテーマに文字と色彩、そして夏の風物でもある「かき氷」を造形活動に取り入れて季節を5感で感じながら絵画表現として作品を完成させる。共同制作と個別制作の両方を組み合わせ、最終的な展示のレイアウトまで生徒たちで考えさせる授業を行なった。







岩手大学教育学部付属特別支援学校
『背景を模様で飾ろう−ポリスチレンフォームスタンプを使って−』
【授業概要】
本題材は、形や色を選んで組み合わせ絵の背景を装飾するものである。ポリスチレンフォームをあらかじめ様々な形に切り出しておき、スタンプとして使用する。第1次でスポーツ大会のポスターを制作し、第2次で自由画に取り組む。テーマから連想するイメージを「選ぶ」「組み合わせる」といった表現の基礎的な活動を行いながら、形にしていく。